放射線の影響でなっくても、仕事中に人が亡くなるのは問題です。

本当に放射線の影響でないのか疑わしいとこもあるが、
その前に仕事中に人が亡くなるのはとても大きな問題ですよ。

東京電力はそこをわかっているのでしょうか?
マスコミもわかっているのでしょうか?

朝礼で倒れて、そのまま亡くなるなんて、
こんな異常なことが起きている会社は大問題です。

しかも記事によると
5月に60代の男性作業員が心筋梗塞で死亡したほか、
8月に40代の男性作業員が急性白血病で亡くなっています。

これでも、まだ、ほかの原発を動かしたい人の気持ちが僕にはわかりません。

福島第一原発 男性作業員死亡
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111006/t10013080071000.html
東京電力福島第一原子力発電所で、ことし8月から作業を続けてきた50代の男性が、6日朝、死亡しました。東京電力は「男性の被ばく線量は低く、放射線が原因とは考えにくい」としています。
5日午前7時すぎ、福島第一原発で、建設会社が請け負った作業に当たっていた50代の男性が、朝礼中に突然、体調の不良を訴えました。男性は意識があるものの、1人で歩くことができなかったということで、いわき市の病院に運ばれ手当てを受けましたが、6日朝5時前、死亡しました。東京電力によりますと、この男性はことし8月から合わせて46日間、福島第一原発の屋外で汚染水の処理に使うタンクを設置する作業を行ってきました。1日の作業時間は3時間程度で、東京電力は「被ばく線量は合計で2.02ミリシーベルトで、放射線が原因とは考えにくい」としていますが、死因を調べることにしています。福島第一原発では、事故のあと、5月に60代の男性作業員が心筋梗塞で死亡したほか、8月に40代の男性作業員が急性白血病で亡くなっていますが、東京電力は「いずれも放射線が原因ではない」と説明しています。

カテゴリー: 核燃の気になるNEWS , 福島原発事故   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です