【報告】子供たちの未来 

2011年7月22日(金)
子どもたちの未来
「放射能と どうやって付き合っていく?」

今回も大勢の方に集まって頂き感謝しています。
しかも今回はいろんな立場の方がいて驚きました。
ママさん、妊婦さん、留学生、サイエンスライター、学生、助産師などなど。

それだけに多数の意見も頂きました。
●まわりの関心ない人にどう伝えたらいいか
●家族との放射能に関する温度差について
●いろいろ騙されてたんだな~
●少しずつでも変えないと、いきなりは変わらないのだから
●いろいろ興味をもって事実を知っていきたい
●自分たちでリーフレット作りたい
●もう後戻りできないとこにいる。どうにか今を生きないと。
●今までいろんなことを人任せにしていた。自分はもっと動ける!!
●今日はスタートの日

事実を知っていただく事はとても嬉しい。
たとえ原発が仕方ないと思っている人でも、核燃サイクルの矛盾や労働被ばくなどについて考えてもらえると嬉しい。

特に今日は自分でも動きたい。小さな事でもはじめたい。
そんな発言がたくさん出てきて嬉しかった。

僕でよければいくらでもお手伝いします。
一緒に繋がり動いていきましょう!!

カテゴリー: イベント・レポート     パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です