『ありがとうプロジェクト』の皆さんと近畿経済産業局へ

ありがとうプロジェクトの皆さんの申し入れに同行させて頂きました。
『反核旋風』なんて掲げている僕を受け入れてくれる優しい皆さんに感謝しております。

各地方にある経済産業局ですが、ここに申し入れに行くのは初めての事でした。
平日の昼間なのに15名ほどが集まり申し入れしました。

プレスリリースも流したようですが、マスコミの取材はなし。
なぜこんなに想いの詰まった署名提出に取材に来ないのかとても不思議でした。

カメラ・ビデオ撮影は駄目との事で抗議をしようと思いましたが、
今回は場の雰囲気も壊したくなかったので素直に応じました。
(なので署名を手渡す写真もないのが残念ですが・・・)

さて、肝心の署名提出と申し入れは各団体や地域の代表から想いを述べ、
それぞれの想いを手渡しました。

申し入れの最中に産業局の方がこんな事を言っていました。
『ここの環境エネルギー課には原子力の部門がないので、私共から直接の回答はできません』
(優しく、丁寧な話し方だったので特別にイラッときたりはしませんでした)

最初は回答無しかー東京に振るだけなのかなー
なんて考えていたのですが、「ちょっと待てよ」とキラリンと新しい道が見えたのです!!!!!!

原子力の担当がない。。。
ということは、原子力を何が何でも推進する部門がないってことか!!!!!
自然エネルギーとかの最先端を共に進めていけるかも!!!

思わず自分の意見を述べる時に
「一緒に頑張りましょう!!!」みたいな僕には珍しいパターンの発言が出ました。笑

311以降の世界は変わった。
だから僕もイロイロと変わるんだ。

今回の申し入れは本当に学ぶ事が多かったです。
呼んでいただきありがとうございました。

最後に一つ。
申し入れを行っている途中でに11時2分になりました。
長崎に原爆が投下された時刻です。
8月9日11時02分。
経済産業局の方と1分間の黙祷をしました。

誰かへのアピールでもなんでもなく、
マスコミも写真撮影もビデオ撮影もない中で、一個人としてのそれぞれの黙祷でした。

カテゴリー: イベント・レポート     パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です