モンゴルの皆さんごめんなさい。核廃棄物の話などして。

日本の原発から出るごみは捨て場が決まっていない。
もう原発を動かしてから何十年もたっているのに。

数十年前の大人たちは僕らに放射能のゴミと
処分地を決める争いを残していった。
本当にいい迷惑だ。

そして、恥ずかしい事に日本は自分たちでどうしようもないものを
他国に処分場を作ろうとした。

トイレのないマンションと言われる原発だが、
自分のけつすらふけやしない。

早く原発をすべて廃炉にしよう。
そして、推進も反対もなく、皆でどうするかを真剣に考えよう。

■モンゴル、核廃棄物受け入れを拒否 「処分場」構想は頓挫か
http://www.j-cast.com/2011/07/28102734.html
モンゴル国内に日本の核廃棄物処分場を建設する構想をめぐり、日本がモンゴル政府から核廃棄物の受け入れを断られていたことが明らかになった。松本剛明外相が2011年7月27日の衆院外務委員会で、服部良一議員(社民)の質問に答えた。事実上、構想が頓挫した形だ。
松本外相は、7月23日に行われたモンゴルとの外相会談の内容について、
「モンゴル側からは、国内法令の関係上、核廃棄物の国内の受け入れ、つまり外国から自国への受け入れは困難であるとの立場の表明があったと記憶している」
と明かした。また、今後の核廃棄物の処理のあり方については、
「非常に扱いが難しいゴミで、各国とも課題として残っている。他方で、使用済み核燃料は、不拡散の観点からすると、ある程度しっかりとコントロールされている必要がある」
と述べるにとどまった。

カテゴリー: 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です