原子力安全保安院がやらせ質問要請

原子力安全保安院は原子力の安全を確保するための国の機関です。
その機関がシンポジウムで電力会社にやらせ質問を要請していたのです。

たしかに女川原発のシンポジウムの時もそれらしい行動はありました。
電力会社が誰かに頼んでいるのは想像していましたが、
まさか国が電力会社に要請していたとは・・・・くさりきってる

しかし、これが原子力の実態です。
原子力村というのは、電力会社や学者ばかりでなく、国も入っているのです。

安全第一なんてことはないんです。
だから早く原発を止めないと大変なことになるんです。

■保安院、中電にやらせ質問要請…社員に強制せず
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866922/news/20110729-OYT1T00486.htm
中部電力は29日、2007年8月に、国主催で静岡県御前崎市で開催された浜岡原子力発電所のプルサーマル計画に関するシンポジウムで、質問がプルサーマル反対派一色になるのを避けようと、経済産業省原子力安全・保安院の依頼を受け、同社社員や関連企業などに参加を呼びかけたとの内部調査結果をまとめ、同省に報告した。

カテゴリー: 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です