「線量計つけず作業、日本人の誇り」 海江田氏が称賛

海江田万里経済産業相は原発が大好きな人。
日本でも動かしたいし、海外にも原発を売りたい。
そういう人の考えがよく現れているニュースです。

命を守るために、放射能の線量計をつけるのです。
絶対につけさせないといけないのです。

それをなぜつけるのかを、
丁寧に理解できるように説明しないといけないのです。

放射能がどんなに危険なものかを、
これから作業する場所がどんなに危険かを。

それなのに、
放射線の線量計を置いてきた人を海江田氏は賞賛したそうです。

この作業員の方たちは被害者です。
これからどんな影響があるか心配です。

もしかすると、先日の身元確認のとれない人達と重なっていないでしょうか。
本当に心配です。

人の命を大事に考えられない人は議員にも大臣にもなってほしくない。

「線量計つけず作業、日本人の誇り」 海江田氏が称賛http://www.asahi.com/national/update/0723/TKY201107230699.html海江田万里経済産業相は23日のテレビ東京の番組で、東京電力福島第一原子力発電所事故後の作業に関連し、「現場の人たちは線量計をつけて入ると(線量が)上がって法律では働けなくなるから、線量計を置いて入った人がたくさんいる」と明らかにした。「頑張ってくれた現場の人は尊いし、日本人が誇っていい」と称賛する美談として述べた。
 番組終了後、記者団に対し、線量計なしで作業した日時は確かでないとしたうえで、「勇気のある人たちという話として聞いた。今はそんなことやっていない。決して勧められることではない」と語った。
 労働安全衛生法では、原発で働く作業員らの健康管理に関連し、緊急作業時に作業員は被曝(ひばく)線量の測定装置を身につけて線量を計るよう義務づけられている。作業員らが被曝線量の測定装置をつけずに作業をしていたのなら、法違反にあたる。厚生労働省は、多くの作業員に線量計を持たせずに作業をさせたとして5月30日付で東電に対し、労働安全衛生法違反だとして是正勧告している。

カテゴリー: 核燃の気になるNEWS , 福島原発事故   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です