大飯原発一号機は電気事業法に抵触する可能性が高い

■ 調整運転を継続の2原発、保安院「法令上問題」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110712-00000223-yom-sci

この問題は原発がいかに安全を無視して、稼働することだけを考えているかを表している。

大飯原発一号機は3月10日に定期検査の最終段階である調整運転に入った。
翌日の3月11日に福島原発の事故が起きた。

なんと3月13日に調整出力を100%にした。
日本にある原発が爆発し、不安や怒りや恐怖が渦巻いている中で・・・

そして、まだ信じられない行動を続けている。
通常はこの調整運転は1か月で終わるのだが、なんと4か月だった今でも調整運転を続けているのだ。

定期点検が終わっても、今の状況では再稼働が認められないからだろう。

こんな卑劣なやり方を繰り返し行い、福島事故が起きた後でもまだ繰り返す。
原発に安心なんてできるはずがない。
ましてや安全を第一になど考えていない。

そんな原発を安心できるはずがない。

カテゴリー: 核燃の気になるNEWS , 若狭の原発   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です