福井県知事 いいこと言ってるんだよ

福井県知事 原発耐性テスト「真意測りかねる」と批判http://mainichi.jp/select/science/news/20110708k0000m040059000c.html

この毎日新聞の見出しは誤解を与えるような気がしたので僕なりの意見です。

福井県知事は以前から、3月30日に国が出した『緊急安全対策』だけでは不十分と言っています。(しかし、佐賀県知事はOKだと言って再稼働しようとしました)

そこにストレステストが出てきたわけですが、福井県知事はこのストレステストがOKでも、福井県が求めている安全基準がクリアできなければ駄目だよ と言っているわけです。

国や電力会社の言いなりにならず、自分達の基準も大事にしているわけです。
これはとても評価するべきことと僕は思います。

原発耐性テスト「真意測りかねる」と批判http://mainichi.jp/select/science/news/20110708k0000m040059000c.html
国内最多の原発14基が立地する福井県の西川一誠知事は7日、国が打ち出したストレステスト(耐性試験)について、「定期検査で停止中の原発の再稼働に向けて動き出したとみられたこの時期に、実施を持ち出した真意は測りかねる」と批判した。県議会予算特別委員会で委員の質問に答えた。

 福井県は、東京電力福島第1原発事故の教訓を反映させた新たな安全基準を作り、原発の安全性を個別に示すよう国に求めている。

 西川知事は「事故原因を定期検査中の原発に反映させ、国民の安全を確保すべきだと言っている。(同テストが)安全にどう関係があるのか到底分かりかねる」などと述べ、同テストの結果にかかわらず、県が求める安全基準が示されなければ再稼働は認めないことを示唆した。【安藤大介】

カテゴリー: 核燃の気になるNEWS , 若狭の原発   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です