六ヶ所再処理工場のガラス固化体は半分以上が「逸脱・非定常」

六ヶ所再処理工場は現在、ガラス固化体の製造でトラブルがおき止っている。
そのガラス固化体だが、止まる前までにかろうじて作っていたものの半分以上が「逸脱・非定常」だという。
また試験を再開しても問題が続出する事は技術的に考えて明らか。
きっと、「逸脱・非定常」はまだまだ増えるだろう。

正常なものも処分場が決まらないのに、どうするのだろう。
無責任きわまりない行為を続けないでくれ。

=================================================
■■■■■■  写真を見る前にどうかクリックお願いします。このクリックで事実が多くの人に伝わります⇒ 人気ブログランキングへ  ■■■■■■■
=================================================

■東奥日報 117本中「通常」は54本、残りは「逸脱・非定常」/固化体
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2011/20110305091548.asp

カテゴリー: 再処理工場, 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

六ヶ所再処理工場のガラス固化体は半分以上が「逸脱・非定常」 への1件のコメント

  1. ピンバック: 再処理工場が試験再開 |  『反核旋風』 NPO地球とともに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です