自分の意思を持ち行動する若者

僕が19歳、20歳の頃は何をしていただろう。
はっきり思い出せない。
たいしたことしてなかったんだろうな~
そんな自分と比較しても仕方ないが
自分の意思を持ち行動している若者を紹介したい。

年齢とかは関係ないんだろうけど、
でも自分で考えて行動して本当にすごいと思う。
賛否両論あるらしいですが、彼らが必死に訴えている事を少しでも広げることができればと転載させて頂きます。

以下転載です。
『上関原子力発電所の工事一時停止と、埋め立て許可の再検討が行われるまで、一切食べません。』
これを掲げます。

以下声明文より
放射性廃棄物は何千年もの間、放射能を出し続けますが、その処理方法はまだ確立されていません。
そして、原子力発電所は40年ほどしか稼動出来ず、建物自体が放射性物質になっていくため、廃炉になった後の安全な解体方法も見つかっていません。
そんな中、新たに山口県上関町で原子力発電所の建設計画が進んでいます。
稼動する過程で出る放射性廃棄物の処理方法や、廃炉になった後の解体方法がないまま、新たに原子力発電所を作る事は問題をこれから生きる若い世代に先送りする行為です。
僕達は、誰一人上関町の住民ではありません。
しかし、原子力発電所の問題は、けして上関町だけの問題ではなく全国の問題です。
少しでも、この事を多くの人に知ってもらい、そして山口県上関町田ノ浦の埋め立て許可を出した山口県知事に今上関で起きている事実と思いを伝えていきたいです。

以上声明文より

ブログで状況報告しています
http://blog.goo.ne.jp/newgenerations

カテゴリー: 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です