再処理工場 溶融炉の金属除去終了

=================================================
■■■■■■  クリックで人気ブログランキングへ一票です⇒ 人気ブログランキングへ  ■■■■■■■
=================================================

■ 再処理工場 溶融炉の金属除去終了
http://www.daily-tohoku.co.jp/tiiki_tokuho/kakunen/news/news2010/kn101225c.htm

高レベル放射性廃棄物を作る炉はAとBの2つがある。
Aでうまくいったら、Bで確認のテストを行う予定だった。
しかし、トラブル続きのAを諦めて、Bを使い、その後にAで実験するという。
順番を変えようがなんだろうが、国はオールOKのようです。

そのトラブル続きのAにこびりついていた白金族という物質がやっと除去できたというのが今回の記事。

このこびりつく問題が最大の焦点なのだが、対策は温度計を増やすだけ。
そんなんでBを使ってどうすんの?
またつまるよ?

再処理工場は我々が予測する事が次々と当たってしまう欠陥工場。
Bで詰まらせたら今度はどんな言い訳をするのか?

そして、僕らはそんな事を許し続けていいのか?

カテゴリー: 再処理工場   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です