【仙台】樋口健二さん講演会&写真展 USTREAM放送

❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦
↓↓さあ、気分がのったらクリックよろしく!!            
★★★←この★をクリックお願いします!
❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦


さて、今週の土曜は樋口健二さんの講演会です。宮城近辺の方は、ぜひあのパワフルなトークを生で聞いてもらいたい。生だから味わえるものがあります。
でも、どうしても遠くて来れない方の為に、『みなCANZ』の≪みなCAN LIVE/TV≫でのUSTREAM放送が決定しました!!
しかーし、≪みなCAN LIVE/TV≫は録画しない生番組です。必ずその時間に観てくださいねーーーーー

http://www.ustream.tv/channel/minacanz-live

■■■ 講演会 ■■■
「原発被曝労働者を追って―その実態と救済を求めて」
 樋口健二さん(写真家)  渡辺美紀子さん(原子力資料情報室)
☆日程 2010年10月30日(土) 18:30~21:00
☆会場 東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館)401会議室 仙台市青葉区国分町3-3-7 TEL:022-225-8641
☆参加費 500円

■主催 「原発被曝労働者を追って」樋口健二写真展仙台実行委員会
■問合 022-373-7000(篠原)、hag07314@nifty.ne.jp (舘脇)
■後援 毎日新聞仙台支局/河北新報社/TBC東北放送
 
☆講師プロフィール
樋口健二(ひぐち・けんじ)さん
1960年代から四日市公害を皮切りに、高度成長のかげで苦しむ人々の姿を一貫して追い続ける。1987年 ニューヨークでの第1回核被害者世界大会で日本の原発被曝実態を報告。スリーマイル島取材。1987年 世界核写真家ギルド展に『原発』を出展。ベルリン・モントリオール・トロント他で開催。
2001年 核廃絶NGO『ワールド・ウラニウム・ヒアリング』(本部・ドイツ)創設の『核のない未来賞』の教育部門賞を日本人として初受賞。
現在、日本写真芸術専門学校副校長。日本ジャーナリスト専門学校写真科客員講師。日本写真家協会会員。世界核写真家ギルド会員。
写真集 『四日市』『原発』『毒ガス島』『山よろけ』『樋口健二報道写真集成日本列島‘66~‘05』他
著 書『闇に消される原発被曝者』『売れない写真家になるには』『原発被曝列島』『原発と闘う、岩佐被曝裁判の記録』『アジアの原発と被曝労働者』『日本破壊列島』『環境破壊の衝撃 1966~2007』他 

渡辺美紀子(わたなべ・みきこ)さん
認定特定非営利活動法人・原子力資料情報室のスタッフ。被曝問題を担当している。一貫して原発での被曝労働者の問題を追い続けており、その救済に力を注いでいる。
◎資料http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No106/watanabe090306.pdf

カテゴリー: 終了した関連イベント   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です