原発・核燃施設と地域の関係

今度の事業仕分けでエネルギー対策特別会計が対象になりました。
これは、原子力関連施設の立地地域などへ交付される電源立地地域対策交付金。
核燃施設を作ったら地域にお金がばらまかれるシステムですね。

それに対して、日本原燃の社長はこんな事を言っている。
「原発、サイクル事業は地域との信頼関係で成り立っている。特会の一般財源化には強く反対する」

いやいや、本当に信頼関係で成り立ってるなら、交付金などなくていいでしょ。
核燃施設は『信頼関係』ではなく、『お金の関係』で成り立たせてるのです。それを象徴した記事ですね。

デーリー東北 エネ特会仕分け「遺憾」原燃社長反対の意向
http://www.daily-tohoku.co.jp/tiiki_tokuho/kakunen/news/news2010/kn101022a.htm

❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦
↓↓どうか、クリックお願いします。事実が一人でも多くの人に伝わるために。            
★★★←この★をクリックお願いします!
❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦ ❦

写真は『花とハーブの里』で販売しているニンニクを刻んでオリーフオイルにつけたもの。極旨です。えびやさんで販売中!!

カテゴリー: 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です