福島原発、隣の原子炉のケーブル抜いてた

❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦
↓↓人気ブログランキングに登録中
あなたのクリックがブログを続ける力になります。
人気ブログランキングへ
❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦

本当に福島原発は考えられない事をする。
定期検査中の6号機の【原子炉隔離時冷却系の制御ケーブル】を外そうとして、間違って5号機のケーブルを外していた。

しかも8月16日~9月2日まで抜きっぱなし。(6号機が定期検査中の為、抜いたままに)

非常時に原子炉へ冷却水を注入する「原子炉隔離時冷却系」のポンプを動かすタービンのケーブル。
もし非常事態になっていたら、どうなっていたのだろう。

そして、発表の日にちが汚すぎる

9月2日 装置の不具合としてプレスを出す。
9月3日 復旧のプレスを出す。
9月23日 プルサーマル開始
9月27日 ケーブル間違いだったのを発表

福島第1原発 別号機のケーブル外す 県が厳重注意
http://www.kahoku.co.jp/news/2010/09/20100928t63032.htm

カテゴリー: 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です