原燃社長理解求める/県議に完成延期説明

❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦
↓↓人気ブログランキングに登録中
あなたのクリックがブログを続ける力になります。
人気ブログランキングへ
❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦

デーリー東北
■原燃社長理解求める/県議に完成延期説明
http://www.daily-tohoku.co.jp/tiiki_tokuho/kakunen/news/news2010/kn100925a.htm

再処理工場2年延期に関して、青森県議会議員に日本原燃の社長が説明し、理解を求めた。
だけど、どの会派も理解してくれないみたい。
日本原燃は経済産業省原子力安全・保安院が対応が妥当と評価したと説明しているが、国が安全と言ったから大丈夫なんて誰も思っていない。だからこそ、自民の最大会派ですら、今後の工程に自信を示す原燃に疑問を投げ掛けている。

国がOKしたって駄目なんだよ。
温度管理を厳しくする位の対応で高レベル放射性廃液を扱ってはいけない。
青森で核問題に携わっている人は賛成だろうが、反対だろうが同じ思いだろう。

カテゴリー: 再処理工場, 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です