佐藤栄佐久元福島県知事 冤罪か?

❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦
↓↓人気ブログランキングに登録中
あなたのクリックがブログを続ける力になります。
人気ブログランキングへ
❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦

福島県の元知事である【佐藤栄佐久さん】をご存じだろうか?
1998年、日本で初めてプルサーマルの受け入れを表明し、4年後に白紙撤回した知事です。

白紙撤回した理由は99年の燃料データ捏造に始まり、茨城県東海村の臨界事故、再処理工場の度重なる計画延期、01年の東京電力の一方的な電源開発凍結宣言など。
物事を順序立てて考える人のようです。
しかし、実弟が県発注の公共工事を巡る汚職事件で逮捕され、責任を取る形で知事を辞職しました。

そして、今日のニュースがこれ。
■前田容疑者 「架空の調書作成」福島県汚職元県幹部明かす
http://www.kahoku.co.jp/news/2010/09/20100923t63025.htm

今、日本で最大の関心事である大阪地検特捜部の主任検事前田恒彦容疑者
この人が東京地検特捜部時代にこの事件に関わっていたのである。
そして、事情聴取された元福島県幹部が「言っていないことまで供述調書に記された」と言っているのである。
佐藤さんご兄弟、そして関係者の皆さんは本当に悔しかった事でしょう。
こんなでっち上げは絶対に許せない。
核燃にまっこうから向き合った唯一ともいえる知事。
この問題もここから更に注目していくべきでしょう。

カテゴリー: 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です