完全に信頼をなくした福島原発プルサーマル

人為的ミスで福島原発のプルサーマルは半日遅れた。
緊急炉心冷却装置ちうとても重要な機器が正常に作動しないことを示すランプが点灯。

なんと、7月19~26日に分解して点検したが、組み立てる際に取り付け方向を間違った。
そして正常に作動するかの点検も怠った。

県民説明会も行わない福島県。
東京電力も福島県なら「うるさくないから」と気が緩んだのでしょうか。

彼らの「安全」という言葉は何なのだろう。

■いきなり半日遅れ 福島第一原発プルサーマル原子炉起動
http://mytown.asahi.com/areanews/fukushima/TKY201009180259.html





カテゴリー: 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です