再処理工場、1年半~2年の延期可能性

❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦
↓↓人気ブログランキングに登録中
あなたのクリックがブログを続ける力になります。
人気ブログランキングへ

あなたのクリックが事実を広げます。
どうか宜しくお願いします。

❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦

『日本原燃は再処理工場の試験運転が1年半から2年程度延期する方向で調整している』
とデーリー東北が報じています。
http://www.daily-tohoku.co.jp/tiiki_tokuho/kakunen/news/news2010/kn100901a.htm

そして、多くの人がここは気になるところをピックアップ。

大幅な延期は経営に影響を与えるため、出資者の9電力会社に支援を求める可能性がある。

ということは、また電気料金に関わってくるのでしょうか。
放射能を海に捨てるということで多くの人が反対している再処理工場の為にまだまだお金を使うのでしょうか。

去年の発表のスケジュールより既に8カ月遅れている。

というより、試運転を開始した2006年3月当時は、2007年8月の完成予定だった。

全く思い通りに行かないし、労働者が被ばくしたり、高レベル放射性廃液を何度も漏らしている。

もう誰もうまくいくとは思っていない。
大事故を起こす前に廃炉にすべきだろう。

カテゴリー: 再処理工場   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です