スタジオジブリ、原発売店「即刻取りやめる」

❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦
↓↓人気ブログランキングに登録中
あなたのクリックがブログを続ける力になります。
人気ブログランキングへ
❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦

スタジオジブリの判断は正しい。よかった。
もう一度ナウシカみよ。

それにしても、『原発のPRに使った事はない』なんてよく言えるよね。
そこにあるだけでPRになると誰でも分かるでしょう。
明らかな言い逃れみたいのはやめた方がいいよ。

スタジオジブリ、原発売店「即刻取りやめる」
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20100820-OYT1T00469.htm
 

東京電力福島第2原子力発電所エネルギー館(福島県富岡町)に設けられた、宮崎駿監督のアニメ作品などのキャラクター商品を扱う売店が、原発PRに利用されているなどとインターネット上で批判されたことを理由に撤退することが20日、分かった。

 売店は、年間約8万人が訪れる同館の一角にあり、「どんぐり共和国」の名称で、2005年7月からスタジオジブリ(東京都)のライセンス商品を販売。「となりのトトロ」のキャラクターグッズなど約500種類が陳列されている。

 東電によると、今月中旬、ネット上で「ジブリのキャラクターが原発のPRに使われているのはおかしい」などと論争になり、売店の運営会社が19日、店舗の撤退を打診してきたという。

 売店撤退についてジブリは公式サイトでコメント。「映画のタイアップなどを除き、企業・団体などの広報活動にキャラクターの使用をしていない」と断ったうえで、「誤解を招くもので、考えが足りなかった。出店を即刻取りやめる」などとしている。

 売店は、東電が地元住民に憩いの場を提供しようと、出店を呼びかけた経緯がある。一方、ネット上の意見の多くは匿名だという。同原発の広報担当者は「ジブリのキャラクターを原発のPR活動に使ったことはなく、出店取りやめの話に困惑している。今後のことは社内でよく検討したい」と話している。

(2010年8月20日11時50分 読売新聞)

カテゴリー: 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です