放射性物質濃度や放出量を計る機械が基準値を外れていた

❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦
↓↓人気ブログランキングに登録中
あなたのクリックがブログを続ける力になります。
人気ブログランキングへ
❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦

北海道最大のイベント「ライジングサン ロックフェス」で再処理の事とかをブースでトークしたりしました。その事を報告したかったのですが、その前にまた再処理工場がとんでもないことしてるので報告します。

簡単に言いますと、排気筒から放出する放射性物質濃度や放出量を計算するために使用する機械が、社内の基準値を外れていたのにそのまま放置。

ちなみにお決まりのこの文句も載ってます。
「原燃は、基準範囲を逸脱した数値の妥当性を評価し、濃度などに修正の必要がないことを確認済み。周辺環境への影響もないとしている。」

ていうか、排気筒から放射能捨てるなよ。そこからしておかしいだろ。

そして更にあきれるのが原燃の回答
数値の記録が見づらく、確認作業をした社員が見落としていた

まじで、この人達に放射能の管理はできないよ。
頼むから放射能を海とかにタレ流すなんてやめてくれよ。

あなた達がいくら安全と言っても、はっきり言って信用できません。

デーリー東北
http://www.daily-tohoku.co.jp/tiiki_tokuho/kakunen/news/news2010/kn100817b.htm

カテゴリー: 再処理工場   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です